新しいツールがやって来た

先日、名古屋の展示会で見かけない出展を見かけた。

TASCOで有る。アメリカのFLIR(フリアー)という会社の放射温度計と熱画像カメラを展示していた。

放射温度計とはいうものの熱画像カメラと大差無い使い方が出来るTG165という製品販売が主たる展示品のようだった。

通常の放射温度計は、計測装置からレーザー光を照射してその照射されている部位の温度を非接触で知る事が出来る物や、カメラのように目的物をレンズを通して見てその部位の温度を知る事が出来る物であった。

TG165は液晶モニターを見ればモニターに写っている映像の中に温度の異差を色で見る事が出来るので温度の高い所や低い所を一目で見つける事が出来るようになっている。

これって、まさに熱画像カメラじゃないか!!モニターに写っているその箇所の温度が表示される。

従来の放射温度計は温度が高いであろう場所を知っていてその部位の温度を測るという使い方だったが、TG165は画面を見れば温度の高い所(低い所)が一目で見つけられその部位を画像の中心に持って行く事で瞬時にその部位の温度を測定する事が出来る。

説明員の方に聞くと、2日間の展示でこの放射温度計について説明を求めた人は誰一人いなかったとの事、同時に展示していたボアスコープには関心が有って手に取って見たり質問したりした人は結構な人数いたということだった。

自動車整備で「温度」は非常に多くの情報を与えてくれるのだが、従来の放射温度計ではどこが温度が高いのか低いのかを知る方法が無かったので、手で触ったりして熱い、冷たいなどの情報からその部位の温度を測ってみようという事しか出来なかったが、TG165は見るだけで温度差が分かるので即知りたい部位の温度を測る事が出来る。

例えば、8気筒エンジンがどこかの気筒で失火している。オフボードテスターを繋いで車種や年式など設定してパワーバランステストをしてどの気筒が失火しているのか判別する。

もっと簡単な方法は、エキゾーストマニホールドに水を掛けて蒸発する様子を調べるという手もある。TG165で見ると、失火しているエキゾーストマニホールドは温度が低いので一目で失火している気筒を見つける事が出来るのである。水を掛けなくても見ただけで判別できるである。まさにあっという間に診断の初期段階にたどり着ける訳だ。

エアコンの冷えが悪い。ガス圧を測ってみたら高圧側が異常に圧力が高い。どこか詰まってる?そんな時配管をTG165で見てみると、詰まっている箇所の前後には必ず温度差が有る事からその詰まりの部位を知る事が出来る。といった使い方なのだが、残念ながらTG165は温度の異差を画像で表示するだけで、その温度差が正しいかどうかは使うものが判断しなくてはならない。

ラジエターの水管の詰まり。新しい車では余り見掛けなくなったが、旧車で良く有るのがラジエターの水管が詰まって放熱が悪くオーバーヒートを起こす。これを熱画像で判断するにはコツが必要だ。サーモスタットが開いた瞬間に水がラジエターを大量に通過しだすので詰まっている水管の温度は低く、良く通る水管の温度は高い。サーモスタットが開いた直後に詰まっている水管とよく水が通る水管の温度差がはっきりするが、やがて良く通る水管からの輻射熱や熱伝導により詰まっている水管も通っている水管も同じ温度になってしまうので熱画像では発見が出来なくなってしまう。このような理屈が分からないと使いこなす事が出来ないのである。ラジエターのアッパータンクとロワータンクの温度差はどれくらいが良いのかなど、多くを見て良い範囲を自分で知って置く事も大切である。

道具は使いこなしてその価値を見出すことが出来るが、TG165は今まで一番安い熱画像カメラでも20万円近くしていた物が、簡素化されているとはいえ6万円台で手に入れる事が出来るのは自動車整備士にとって夢のような価格である。・・・はずなのだが・・・

TASCOが5年ぶりに自動車整備関連の展示会に来たと言っていたが、TG165の需要を見込んでの事だろうと思う。フリアーのホームページでも盛んにTG165を宣伝している。TG165は単なる熱画像カメラでは無く、デジタルカメラの画像に熱画像をラップさせて表示するという画期的な方法で物の輪郭がはっきり見られるのでどの部位の温度を見ているのかくっきり画像で見られるのが素晴らしいのだが・・・私の熱画像カメラは、熱画像だけしか表示しないので周囲と同化した温度ではその輪郭を知る事も出来ない。(殆どの物体は個別の温度になるので温度による輪郭を見る事は可能だが明確な輪郭はこTG165ほどくっきり見られない)実際私の使用範囲ならTG165で充分事足りるし、かえって使いやすいだろうと思う。現在使用している製品は過去のフリアーの製品で70万円前後の製品なのだが・・・1年前にこの製品が発売されていたら飛びついて買ったのに!!!!!

残念ながらこの製品は使い方を説明してその論理を諭して有用性を知って貰わなくてはフリアーの思惑通りに製品を販売する事は出来ないだろうと思う。

SLB12N用保護袋を作りました

ステータス

 

SL-PTB(保護袋・プロテクションバッグ)

10枚入り250円  100枚入り1800円 (外税)

厚さ0.09ミリ(マイナス0プラス0.02の規格で制作しています)

毎日のように届く修理品の99%は水没によるライト内部への水浸入が原因で故障しています。 保護袋の中に入れて使用すれば、ライトが汚れない事はもちろん万一水没させてもライトの中に水は入りませんので安心してライトが使えます。水対策だけを目的に使用する場合はその時々に使用するという方法も有ります。

下の写真は洗面台に水を張って保護袋に入れたSLB12Nを沈めて点灯させています。

IMGP0058充電の為にグリップエンドは口が開かなくてはならないのでファスナーを付けようと注文したのですが、袋を折りたたんで巾50ミリ以下の袋にはファスナーが付けられないとの袋メーカーの都合で折りたたんで輪ゴムで止めるか、セロテープで止めるかしか方法が有りません。

水没させている写真は輪ゴムで留めています。下に口を閉じておく方法を掲載します。袋の口を数回折りたたんでセロテープで止める方法も有りますが、テープを剥がすのがめんどくさいので輪ゴムで止める方法が良いかと思います。輪ゴムで止める方法だと折り返しが1回しか出来ないのでより確実にしたければ数回折りたたんでセロテープで止めるのも一つの方法です。輪ゴムは一箱2百円位でコンビニでも手に入りました千本は入っているでしょう。

IMGP0061ご覧になっている方で販売店の方、是非SLB12N販売の際は保護袋も一緒にお勧めください。又、SLB12Nをご使用の方は是非ご一考ください。水没して修理する金額を思えば安いものです。

編集後記

SL-PTBはいわゆるポリ袋です。安く大量に作ろうとすればインフレーションによる生産が値段も安く出来るのですが、この方法で折りたたんだ幅が38ミリと言うのは非常に作りにくく、袋メーカーからは40ミリで誤差プラス4ミリと言われたが、1ロット全部引き取るから38ミリになるように兎に角努力してほしいとお願いをして見事38ミリで大きな狂いも無く作ってくれた。           頼んだ厚さが0.09ミリという厚さも良かったらしくこれ以上薄くても厚くてもこの幅の製品は作りにくいといわれました。インフレーションによる生産は、簡単に言えばドロドロに溶けたポリプロピレンの材料の中から空気を吹き出すと材料が筒状になって飛び出す。その時の空気の量や圧力を変えると厚さや大きさが変えられるラシイ。金型もいらないそうです。へんてこな注文を出さないように生産現場を見て置く事も大事かと・・頼んで見学してこようかな?製造方法を詳しく説明しているサイトはhttp://www.ensoku.jp/mg/index.html